HOME HOME Sitemap Contact Us English






たかはま夢・未来塾は愛知県高浜市に在住の小学4年生から中学3年生を主に対象としたいろいろな講座を開催しています。


2018年06月03日

2018年度 第1回 ディベートクラブ(選手コース)

日時:6月3日(日)14:00-17:00

☆講座内容
ディベートクラブ選手コースの講座が開催されました。
選手コースの4名が参加しました。

現在:7月14日・15日の東海大会の準備中

状況:立論が完成していない
    証拠資料が無い
    担当パートがまだ決まっていない

@ 長谷部先生VS高浜中学校チームで試合をしてみる  
各パート1分 
肯定と否定入れ替えで2試合

試合後の変化
・自分たちの言いたいことが明らかになった。
・試合をしてみて試合の全体像がわかった。
・主張の弱いところがわかった。
・反ばくの使い方がわかった。

A 立論つくり
長谷部先生のアドバイス
・なるべくデータにしておくと良い(文字数がわかるので)
    目安:1200字で4分が理想

posted by ディベートクラブ at 14:00| News & Topics

2018年01月14日

第5回 ディベートクラブ

日時:1月14日(日)14:00-17:00

☆講座内容
ディベートクラブ第5回目の講座が開催されました。
小学生6名が参加しました。

最後の講座は、何度も口頭でディベートをしてから最後に試合をする

(1)口頭でディベート1回目

(2)ブラッシュアップ(さらによくする)
  議論をするときは、いつもゴールを頭において考える

(3)ディベート2回目

(4)ブラッシュアップ
  1回目と2回目で何か気づいたことある?
   ・フロー見ながら1つずつ反ばくできた
   ・タイムを見ながら話すことができた

(5)試合(本番)
 役割を決める
    肯定側 立論    倉田 周太郎くん
        質疑    日沼 星七くん
        反ばく1  中川 日和さん
        反ばく2  鈴木 英次くん
    否定側 立論    安本 光くん
        質疑    小笠原 煌将くん
        反ばく1  倉田 泰志くん
        反ばく2  小笠原 煌将くん
 審判3人のジャッジにて2対1で否定側の勝利でした。

  
posted by ディベートクラブ at 00:00| News & Topics

2017年12月17日

第4回 ディベートクラブ

日時:12月17日(日)14:00-17:00

☆講座内容
ディベートクラブ第4回目の講座が開催されました。
小学生6名が参加しました。
(1) 頭の体操
 絵本「りんごかもしれない」
 先生の読みきかせを、みんなで鑑賞しました。
 ・この絵本のお話はある男の子がテーブルの上に置いてあるリンゴを見て
  「もしかしたら・・・リンゴじゃないかもしれない」と思い立ちいろんな想像をするというお話でした。

●ワーク:みんなも絵本の男の子の気持ちになって考えてみよう。
 このリンゴは〇〇かもしれない→〇〇を考えよう
 
 〈ディベートで質問するとき〉
  相手が答えたことをそのまま受け取らないでひとつひとつ確かめて「事実」にする。

(2)立論作り
●ワーク1:先生が論題に関係する記事を読みます。
    A: それぞれ聞く
    B: 聞きながら同時に口に出す
    C: 聞きながら書きとる
 ※感想・・・細かいところは気にしないで大事だと思ったところだけを書く。
       重要なところを見つけるのが難しかった。
       あとで思い出せるキーワードを見つけるようにした。

●ワーク2:先生の読んだ記事を立論にしてみる。
    A: 言いたいこと(主張)・事実・理由・問題点を記事の中から見つけ出して文章にしてみる。
    B: みんなで立論をシェアする。(記事のどの部分を使ったか発表)
 ※聞くときの注意・・・文章の中で事実なのか意見なのか探りながら聞く。

●ワーク3:簡単な試合をしてみる。
   ・2チームに分かれて向かい合って座る。
   ・ワーク2で作った立論は読まずに、思いついたことを発言する。

(3)今日自分が学んだこと、感想を提出

 
  
posted by ディベートクラブ at 00:00| News & Topics

2017年11月19日

第3回 ディベートクラブ

日時:11月19日(日)14:00-17:00

☆講座内容
ディベートクラブ第3回目の講座が開催されました。
小学生6名が参加しました。

@ 聞き取りトレーニング
先生が読む文章を聞き、課題の言葉が何回出てきたかを数える。
 課題1. 言葉を聞き取る (パン、おさら、ほん)
 課題2. キーワードを聞き取る (人の名前、文房具、色)

ディベートの試合の時は、体のどの部分を使っているか?→口、耳、目、手、頭
 ・肯定側第一立論の人(話す人)・・・口、頭、目
 ・否定側の人(聞く人)・・・耳、頭、手、目

*試合中は話している人も聞いている人も同時にとてもむずかしい作業をしているのです!

A 前回のおさらい
 いつも紙やノートに書いておく癖をつけよう。(今後に必要)
   ≪肯定側≫                    ≪否定側≫
 ・ペットの世話ができる                ・アレルギーの人が困る
 ・一緒にいて心強い                  ・吠えたりして集中できない
 ・リラックス効果がある                ・吠えたり脱走したりコードを噛んだりする
                               ・ペットをかわいがりすぎる
 メリット:仕事の効率が上がる(はかどる)    デメリット:仕事に集中できない(はかどらない)

B 肯定側立論を作ろう
 立論を作るのにはまず何をする?
 1. 現時点の様子を調べる   証拠資料を集める(本、PC、新聞)
     ↓
 2. 今、困っていることを言う
     ↓
 3. プラン実行したら起こることを言う ↓
 4. プランを実行することの大切さを言う

C 今日自分が学んだことをメモして提出

 
posted by ディベートクラブ at 00:00| News & Topics

2017年10月29日

第2回 ディベートクラブ

ディベートクラブ第2回目の講座が開催されました。
小学生6名が参加しました。

@ 自己紹介ゲーム
  席を立って自分の隣の人に声をかけて自己紹介し、また次の人に声をかけて自己紹介する。
  (伝えたいことを伝えることが出来たかな?)

A ディベートとは?
   Ⓐ 言葉以外で説明する(5分準備)
     絵で説明したり、ジェスチャーで説明する人がいました。
   Ⓑ 言葉で説明してみる(30秒間)
     ・人が思っていることをよく理解すること
     ・思っていることを伝える
     ・賛成と反対に分かれる
     ・理由を言うこと、より多くの人を納得させる
     ・議題について質問すること
     ・みんなに伝わりやすいように言う
                     ・・・など、いろんな意見が出ました。

B 事実と意見
   ●事実って何だろう?
    (みんなの発言・・・本当のこと、今起きていること、本当の意味など)
   ●意見って何だろう?
    (みんなの発言・・・自分の考え、質問、個人的な主張など)
   ●見分け方は?
    (みんなの発言・・・事実は誰が聞いても同じ、意見はみんな違うなど)

   ワーク:事実か意見かどっちクイズ
       先生が言う文章を聞いて、それが事実か意見かを当てよう。

C 哲学対話 「動物園の動物は幸せか」
      幸せか不幸かはどうしたらわかるのか
      動物の気持ちを想像してみる

D 今年のディベート発表の論題
    「日本はペットと一緒に会社に行くのを認めるべきである。」
      ●思いつくままに発生しそうなことを出してみました。
      ●肯定と否定に分かれて自由にディベートしました(役割を決めないディベート)
     *次回の講座から2月の発表に向けての準備をしていきます。

E 今日自分が学んだことをメモして提出
≪子ども達の感想≫
・いろいろな意見が出て、どっちもいいと思ったけど僕は会社や学校にペットがいたら楽しいと思いました。話し合いは大切だと思いました。(小6)

・普通のことなのに、考えると難しい「てつ学」について学べてよかったと思いました。
意見が事実かを判断するのは難しくて面白く、いろんな事が学べて良かったと思いました。(小6)

・最後にやった話し合いながらやるディべートではしっかりその意見に対して反論する事ができた。反論する時はしっかり相手の主張を聞かないと反論できないなと思いました。(小6)

・今日の感想は色々な意見がたくさん出て楽しかったです。ぼくが考えてもない考えをする人もいたからびっくりしました。勉強になったことは、人間の視点以外に他の視点から見る方法もあることです。(小6)

・兄がいつもディベートのことを話していて、こうすればいいのになぁと思っていたけど、それがいい!と思っていたら、それに反論されて、その反論に反論ができなかったりして、とてもむずかしいなぁと改めて感じました。自分が言いたかったことについて、ああやって反論されるだろうなぁと思ったり、1手2手先をよむのがむずかしかったです。(小5)

・かんそうは、たくさんのとくちょうをみれたのでよかったです。べんきょうになったことは、いろいろディベートのことがまなべたのでよかったです。(小4)

 
posted by ディベートクラブ at 00:00| News & Topics

PAGE TOP

[HOME] たかはま 夢・未来塾

愛知県高浜市に在住の小学4年生から中学3年生を主に対象としたいろいろな講座を開催しています。
 新着情報  どんなところ?  概要・MAP  サイトマップ  お問い合せ  理事長あいさつ
 指導員の募集  未来塾新聞  支援企業の皆様      English ( About Us )
▼ 行事予定
 行事予定一覧  ロボット  発明  映画ビデオ  英語でアートクラブ
Learning Games Club
 ディベート  まんが  おもしろサイエンス
▼ 講座の紹介 ・ BLOG
 各講座の紹介  ロボット  発明  映画ビデオ  英語でアートクラブ
Learning Games Club
 ディベート  まんが  おもしろサイエンス
たかはま 夢・未来塾
〒444-1305  高浜市神明町2-18-13   TEL/FAX  0566-87-7608